専門修理が必要な冷凍車

いろいろな積載トン数がリリースされている冷凍車ですが、荷台そのものの形状も豊富に存在します。ウイングタイプのコンテナを積んでいる冷凍車もありますし、ワンボックスタイプの冷凍車もあります。当たり前ですが軽トラックも走っています。食品の宅配ビジネスにも使えるモデルもあります。
初期の冷凍車は、エンジン自体の駆動を利用して冷凍を維持していました。しかし、エンジンをストップすると冷凍装置もストップしてしまいました。現在も軽トラックの冷凍車などは昔ながらの構造のままです。しかし、最新モデルにはハイブリッド車などもリリースされており、エンジン停止中にもハイブリッドの蓄電池で冷凍装備が作動するようになっています。

昔の冷凍車は、冷凍庫の電源をトラックの主電源と同期させていたので、エンジンを停止すると冷凍庫も止まってしまいました。ですが、現代の冷凍車の一部は冷凍器機の副電源を別に装備しています。夜間の積み置きや予冷も可能に改良されています。最新のタイプはハイブリッドの蓄電源を冷凍装置にあてています。
利点が大きい分だけ、デメリットも大きい冷凍車です。コンテナの内部を冷凍し続けるべくさまざまな装備を搭載しています。例えばコンデンサーやサブバッテリー、冷凍装置などです。それらの機器の重さが燃費効率に悪く影響し、燃料代が普通よりも若干かかってしまうデメリットもあります。
一般のトラックは、4トンロングで1リットル7キロ前後です。ほとんどどのメーカーの車種でも日本製のトラックは同じくらいです。さらにコンテナの構造を冷凍機能付にするとやはり重量も増えてしまいますし、アイドリングで燃料を使うので、燃費は低下してしまいます。ただし、ハイブリッド車になってくると燃費は10キロを超えてきます。

冷凍機能の無い保冷車と異なり、冷凍車には荷台に冷凍機能が付いています。運転席のエアコン装置に似た機能が荷台にも装備してあると思うといいです。コンテナにだけ別個で冷却機能があって、温度を設定すると、全自動で温度を維持してくれるのです。最近はエンジンを停止しても、冷却装置が存続する車種も存在します。
漢字の通り0℃以下の温度を保てるトラックを冷凍車と呼びます。一番低温にするとマイナス25℃まで下がります。ちなみに冷蔵車とは10℃くらいから0℃くらいまでコンテナ温度をキープできるトラックを意味します。0℃が冷凍車と冷蔵車の境界線になると言えます。
スペックをきちんと確認して冷凍車を選びましょう。冷凍車と一口で言っても様々なものがあり、大きさのみならず、冷蔵の機能も個々の商品で異なるので、活用する用途に合わせるようにして、一番適した冷凍車を選択して購入しなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*